第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会

平成30年11月16日(金)~18日(日) 東京・中野サンプラザにて「第35回日本障害者歯科学会総会・学術大会」が開催されました。

小倉南歯科医院から、歯科医師5名(氷室 秀高、赤木 郁夫、河野 真広、後藤 雅嗣、内川 一美)
小倉北歯科医院から、歯科医師 山西 喜寛と、歯科衛生士 岩田 美由紀
水巻歯科診療所から、歯科医師 秋山 悠一の計8名が参加しました。

     H30 shougai                     H30 shougai yamanisi

 

今回の学術大会のテーマは「住み慣れた街から広げよう支援の輪」ということで、
多職種連携による医科歯科連携、特に摂食・嚥下機能支援体制の構築の事例等について
興味深いお話を聞くことが出来ました。

 

一般演題の部では、水巻歯科診療所の院長 秋山 悠一がポスター発表を行ないました。          

 

演題発表者:秋山 悠一

「脳性麻痺患者のBMIに及ぼす咬合様式の影響」 
Effect of the occlusal supports on BMI in the cerebral palsy patient


        H30 shougai akiyama                   H30 shougai himuro akiyama  

     ポスター前での秋山院長         小倉南歯科医院の氷室院長とのショット

 

 

あっという間の3日間でしたが、見聞を広げることが出来たり、仲間との楽しい時間を過ごすことが出来たりで、
とても充実した学会旅行となりました。

今回の学会で学んだことを、日々の診療に活かしていけるようにしてきたいと思います。

 

             H30 shougai zenninn

                             学会会場 入口にて